2013年9月アーカイブ

よい義歯 だめな義歯 part2

DSC00256.jpg 恐縮ながら僕が会長を務めさせていただいている医科歯科大学第一理工同門会の講演会に、昨年に引き続きまして鈴木哲也先生に「よい義歯 だめな義歯Ⅱ」のお話をしていただきました。

今回も内容が濃く、たいへんためになる講演でした。通り一遍のマニュアル的な話ではなく、今までの既成概念を崩し、かつ、なるほどと納得させられるもので、あらためて鈴木先生の総入れ歯に対する理論に感服いたしました。

引き続いて行われた懇親会でも有意義なお話を伺うことができ、満足度100%の1日でした。

DSC00259.jpg

 

 

SRPセミナー

| コメント(37)

今回の出張セミナーは「SRP」です。SRPというと何のことだか一般の方には解らないでしょうが、歯科界ではとても大事なスキルです。SRPとはスケーリング、ルートプレーニングの略で、簡単に言うと、歯に付着した歯石や汚れを取り除いて、歯や歯根の表面を綺麗にすることです。この処置により歯周病の進行を防ぐことが可能になっていくのです。ですので、歯科衛生士にとっては最重要技術の一つで、セミナーを受ける顔も真剣そのものです。

DSC00692.jpg

歯と歯肉の境目にある歯周ポケット。この内部の汚れを取り除くことが我々歯科医師と歯科衛生士の務めです。患者さんはこの歯周ポケットの入り口まで綺麗にして下さい。そうすれば、健康的な歯周組織を維持できると思います。

タク先生のFarewell Party

 前回のブログでもご紹介したとおり、タイのチュラロンコーン大学からの留学生であるタク先生の送別会が先日行われました。僕も診療後に駆けつけて「赤富士」の色紙を(一番街にあるフカゼンさんで見繕っていただいたものです)お祝いに差し上げました。とても日本らしく綺麗なもので喜んでいただけたようです。写真に写っているのはフィンガー先生にプレゼントした「赤富士」の短冊ですが・・・。

DSC00748.jpg タク先生は医科歯科大学で4年間研究を重ね、博士号を修得して9月末にタイに帰る予定です。母校に戻り教員として後進の指導、研究、歯科臨床にあたるとのこと。今後の活躍をお祈り申し上げます。

今年の夏期休暇はお盆ではなく、一週間ずらして19日の週とさせていただきました。というのも表題のIADR(歯科国際学会)に、お世話になっている医科歯科大学の岩崎先生の共同演者として出席させていただいたからです。

DSC00476.jpg

国際学会ですから、発表も質問も全て基本英語です。しばらく英語の世界から遠ざかっていたため、慣れるまではちんぷんかんぷん。もちろん慣れたからといっても片言の英語というかボディアクション勝負というか、全然だめだめでした。一緒に行った娘に格好良いところをみせることもできず、情けない限りです。

中成堂歯科医院にも外国の方も来院されてますし、今後は身近な場面でも国際化がどんどん進むことでしょう。やっぱり英語だと痛感させられました。

来週はタイのチュラロンコーン大学から来た留学生タク先生の送別会。その席にはドイツから来日されたフィンガー先生もいらっしゃるとのこと。きっと会場の居酒屋では英語が公用語となるはず。気合いを入れて飲みましょうではなく、英会話を頑張って来ようと思います。

新着写真

  • DSC00259.jpg
  • DSC00256.jpg
  • DSC00692.jpg
  • DSC00748.jpg
  • DSC00476.jpg

最近のコメント